スタッフ紹介

トップページ › スタッフ紹介 › 代表取締役 金山 友繁

代表取締役 金山 友繁

(株)カナヤマ代表取締役社長。旗の台・二子玉川店に2店舗を構え、不動産事業を幅広く手がける。新しいことを積極的に取り入れ、お客様・働くスタッフとその家族のため、日々会社の発展に尽力している。趣味は学生時代から続けているサーフィン。

 

 

お客様の財産を預かる仕事。だから基本は“お客様ありき”

 

当社は先代の社長が昭和50年に創業した会社です。おかげさまで2015年に40周年を迎えることができました。

 

昭和63年に法人化し多くの方に支えられて今期30期を迎えようとしております。賃貸仲介・管理・売買仲介・買取・再販・リフォーム業を行っておりますが、今期からリフォーム事業を強化することにしました。

 

私たちはお客様の財産をお預かりして商売をさせていただいている。だからこそ、お客様にも喜ばれないと意味がない。心からご満足していただくために、全国でデザイナーズリノベーションを手がける「Renotta(リノッタ)」に加盟しました。

 

「Renotta」は部屋ごとにコンセプトを掲げ、ライフスタイルとデザインを掛け合わせた先進的なリノベーションを提案しています。心を掴むブランディングで、ご提案も3Dで具現化できるのでオーナー様もイメージしやすく、ご要望も取り入れやすい。魅力的なリノベーションは「賃料を上げられる」というメリットにつながります。そんな価値ある提案型リフォームは、当社の経営理念である「お客様から信頼される価値ある会社に成長する」にマッチします。

 

 

新たな取り組みを始めることもあり、名刺のデザインも一新しました。これまでよりスタイリッシュなデザインに。「“革新し続ける会社”でありたい」という想いを込め、ロゴも新風を巻き起こすイメージのものにしました。

 

“効率化”にこだわるのは、お客様・スタッフの満足のため

 

 

良いと思ったもの・時代に合ったものはすぐに取り入れるのが私のポリシー。

 

例えば、IT重説もその1つ。これまでは契約の際、お客様にご来店いただいて重要事項説明をしなくてはいけませんでしたが、オンライン上での説明が可能になります。わざわざお越しいただく手間が省けたことは、お客様にとってメリットが高い。より良くなると思うものは躊躇なく導入します。

 

それは社内環境においても同じです。常々、スタッフが働きやすいよう改善したいと思っています。

 

2015年から週休2日制にしました。一般的に考えれば当たり前ですが、不動産業界では週休1日のところもまだ多い。しかし「休まないで働く」のは昔の話。時代にあった働き方や動きをしないと会社も時代についていけません。ただ、休みが多くなっても仕事量は変わらない。これまでと同じパフォーマンスを社員にだけ求めるのは負担にしかなりません。

 

効率良く働けるよう、環境を整えることが私の役目。費用が高くても、よりスムーズに働けるシステムがあれば積極的に導入します。効率化を重視するのは単に無駄が嫌いだからではなく、スタッフが良い“ライフワークバランス”をとれると思うからです。

 

その結果、さらにお客様にも良いサービスが出来るようになるからです。

 

“良い会社”とは、家庭を大切にできる会社

 

 

やっぱり、人生の基盤は“家庭”です。家庭円満でプライベートが良好であれば仕事も頑張ろうと思える。仕事だけ良くても、家庭が怠慢だったら良くないでしょ。カナヤマで働くかぎり、家庭を大切にしてほしいと思っています。

 

ご家族にも「この会社なら安心」と思ってもらえる会社でありたい。カナヤマのスタッフ、そしてご家族の人生を背負っているからこそ、もっと良い会社にしたいと強く思います。会社を大きくしたいと思うのは、根底にこの想いがあるからです。

 

私自身、常に働いているので少しでも時間があれば家族と過ごすように努めています。自宅が会社に近いこともあって、子どもも遊びに来ますよ。年に何回か会社全体でイベントをするんですが、その時にスタッフのお子さんが来ることもあります。スタッフのご家族も気軽に来れるような、そんなオープンな会社でありたいですね。

 

いくらIT社会でも、 “人とのつながり”がすべて

 

 

新しいツールやシステムは率先して取り入れますが、私自身はアナログ(笑)。SNSも一切していません。会社のFacebookもやり方がわからないし(笑)。IT

化が進んでも、個人的にはやっぱり基本は対面、もしくは電話です。声を聞けばトーンでその人の状態がわかるけど、画面の文字だけではわからない。人の想いや考えは、実際にやりとりしないと汲み取れません。

 

それは情報も同じ。情報も人から聞かなければ、それが本当に良いものなのかわからない。会社に導入した連絡ツール「ChatWork(チャットワーク)」も、やりやすいと知人から教えてもらったんですよ。

 

お部屋の室内は360℃カメラ「THETA(シータ)」で撮影するんですが、もとは動画編集をする友人に教えてもらいました。良い情報は、人から得ていることがほとんど。業務の面でも、人とのつながりで助けられています。リフォームも、物件オーナーが営んでいる会社の力を借りている。あらゆる面で、人のつながりによって支えられています。

 

多くの方からのご支援があって、今のカナヤマがある。だからこそ、ご縁は大切にしたいし、当社に関わるすべての方に喜んでいただきたい。売り上げのみを追求し上げることはできるけど、真に喜んでもらえる会社にするのは難しい。でも、私はそういう会社にしたいんです。これからもご縁を大切にする姿勢で、1人でも多くの方に喜ばれる会社にしていきたいですね。